Category:うそ日記

書評たち

日記

アルビノの少女が効き目のない呪いのために豚のように屠殺され、その髪の毛のような すじ雲 ( シーラス ) が、地球の十キロ上空から我々の街に夜を引きずってきた。そのときにお前の寝室の窓ガラスに石がぶつけられる。お前は目覚めて、窓ガラスのむこうにクラスメイトのだれそれの姿を認める。そいつはお前を連れ出しに来ていて、お前は連れ出される。七夕の前の日、七月六日のことだ。

コミットからの逃亡

日記に続くもの

今週は製本化されたもの、パッケージ化されたものをよく消費した一週間だった。

非常に長い記事になるので、以下を参考に、好きな部分までたどるとよい。

  1. BABELZINE書評
  2. 『アド・バード』書評
  3. ジョルジュ・アガンベン関連書籍書評
  4. 『正解するカド』評

私が15歳で死んだ時の話

日曜日。馬鹿げた文章を湯船一杯分も読んだ。

たこ(自動小説)



家ならなんでも

日記2.0

これは存在しなかったインタビューの話だ。死にかけのホームレスに「何が欲しい?」と尋ねた女がいた。ホームレスは「家」と答えた。どんな家がいいんですか?と女が訊いた。 家ならなんでも ( エニー・ホーム ) とホームレスは答えた。彼が家を手に入れたのか、私は知らない。

« Previous | Page 2 of 5 | Next »