Tag:日記

日記

日記

どうやらやや異常に時間が経っていたらしく、光陰矢の如し、月日は百代の過客にして行き交う年もまた旅人なり、 10年は一昔、ということを思った。何を言っているんだ?

何にせよ、近年では、夏が終わり、秋がやってくるという事態に発展し、これがいわゆる自民党の総裁選を引き起こす事態になったことは言うまでもないことだが、 やはり総裁選の前に悪辣な策略をもってなんとかがどうの。私は本来、もう少し病的なことを書くつもりだったし、 実際に一度ならず書いたのだが、あまりにも書くことに意識的になりすぎたあまり、消してしまった。 少しだけ話しておくと、自分のレピュテーションをあげるために、災害を意図的に引き起こし、どうの、と言うつもりがあったのだが、 これは明らかに、具体的に触って、見ることが出来る種類の人権を無視している。 というのも、原則として、いわゆる政治というものが人間を利用することはあってはならず、災害を利用することによって、 間接的にその被災者をも利用している、というのは明らかであるから。

私は何を言っているんだ。

アルコールについていくつか

日記

とても久しぶりに日記を書く。 だんだん私も理解してきたことで、多くの人が幼少期に学ぶべきものとして、生活には述べるところがあまりにも少ないということがある。 私はこの事実を『ユリシーズ』を通して理解した。生活は単調で、すべてがルーチンと化していく。 朝日が昇る、服を着る、顔を洗う、化粧をする……すべてが徐々に巨大な柱に巻き取られていき、それの外周を歩くのには24時間かかる。

私は一体どんなメタファーを使おうとしているんだ? そんなものはどうでもいいことだ。

何にせよ、私は書くし、それは書くべきでないことや、書くことによる効果("書く意味"とあなたは言うかもしれない)がないものや、 あなたや私にとってどうでもいいことを含む。例えば昨日の停電のことなど……。

日記

一ヶ月も空いた。

くっそ暑い

日記

くっそ暑い。昔、ファッキンホットと、ウェットスーツを来た女性がブチ切れている動画を見たことがある。 このような種類のTV番組は、今はできないだろう。 理由は単に、こういったビデオクリップは、『ガイジンの反応をバカにする』こととほとんど不可分で、 原則として、人種や出自に基づいて、人間を笑い者にすることは、彼らの同意が取れていないときには、 悪徳だとみなされているからだ。

ただ、この価値観は、ここ10年近くで急速に発展してきたものだし、未だに『ロシア美人をはめ倒したい』という意見が聞かれることからしても、 十分に浸透しているとは言い難い(もちろん、あなた達は、より露骨な例を思いつくだろうし、思いつくくらい、しっかりとこの世を眺めてきたはずだ)。

個人的な感想としては、移民政策に関して、現政権がどのような対応をしていくのか見ものだが、 これは単に、キャットファイトを眺めるのは、少なくとも動きがあるので退屈しないという点において 見ものだというのと同じようなものだ。

花火についていくつか

日記

おそらく風邪がなおった。ところで、私達は、何をもってか風邪が治ったと言うのだろうか? だるさが消えたとき? 頭痛が消えたとき? ところで、私達はどうやって、あなたの頭痛が消えたことを知るだろうか? こういった疑問は、大学一年生が持ちがちで、ウィトゲンシュタインが答えがちな疑問だ。
私はこれに関して、もうあまり踏ん張っていることができなくなってしまった。というよりも、哲学の意味を精神的な病気の治療とみなすなら、私はすでに、この疑問に関しては治療済みだ。
風邪が治ったと言いたいだけだった。なんでもいいか。

花火があった。私は上野のガードレール下で、飲酒をしていた。驚くべきことに、私にも友人がいて、彼らと一緒に酒を飲むのは、かなり愉快なことだ。酒がなければ、もっと素晴らしいことは言うまでもない。人生とはかくあれかし。
次は、その飲酒場(なぜ居酒屋と言わなかったのか? 私には説明できない。このようにして、僕は狂気を飼うことができる。間違えた熟語。あなたもやってみるといい。)の話だ。

« Previous | Page 8 of 5 | Next »